キャッシングスクール

主婦でも大丈夫?これからカードローンを利用する人が覚えておきたいコツとポイント

主婦の方なら「今月どうしてもお金のやりくりがきついなぁ」という体験をされたことがありますよね?
広告やテレビCMでもよく目にするカードローン、使ってみたいけどちょっとコワいイメージもあるし、、、というカードローン初心者の方のために、カードローンを初めて利用する場合に覚えておきたいコツとポイントをまとめてみました。

カードローンといっても種類がある

まず、一口にカードローンといっても種類があります。おおまかにわけると消費者金融と銀行ですが、もともとカードローンとは銀行が行っていたローンサービスのことです。
消費者金融、銀行ともにサービスとしては利用者の収入や信用力を審査してその人に見合う利用限度額を設定し、その枠内であれば自由にお金を借りることができるというものになります。

この際にお金の借り入れや返済を行うのにATMを利用したものがカードローンのサービスの始まりです。
銀行の場合にはATMが普及しておりキャッシュカードを使ってATM操作で借り入れや返済を行うことができる、つまりカードを使ってローンを利用することができるものをカードローンという商品名を使って提供しています。一方で消費者金融の場合にはカードローンよりもお金を借りる意味のキャッシングという名称を使うのが一般的です。
しかし、大手消費者金融では全国にATMを設置しており、銀行やコンビニのATMも利用できるようにするなどして銀行のカードローンと変わらないサービスを提供するようになっており、このため大手消費者金融でも特に銀行傘下に入っているところはカードローンの名称を使うようになっています。

以前は、銀行は「カードローン」、消費者金融は「キャッシング」といった使い分けがされていましたが、今では利用限度額を設定しその枠内であればいつでも借り入れ返済が出来るローンサービスのことをカードローンと呼ぶようになっており、さらにやや本末転倒ですが、銀行口座と連動して借り入れが行えるローンサービスのことをカードレスローンなどとも呼ばれています。

銀行カードローンと消費者金融の主な違い
比較項目 銀行カードローン 消費者金融
総量規制 対象外 あり
金利(参考値) 比較的低めの設定 銀行と比べると高め
無利息期間 なし あり
即日融資 不可 事業者によって可能
審査スピード 1〜2週間 即日可の場合もあり

お金を貸すというビジネスの仕組み

お金を貸すというビジネスの仕組み

お金を借りたいのであれば、お金を貸す側のビジネスが、どのような形で成り立っているのかを理解しておくことが大事です。そもそも、お金を貸して、そのまま返してもらっても何ら利益を得ることができません。このためお金を貸す際には金利を設定しておき、貸し付けた期間に応じて手数料として金利を貸す側は受け取ります。これは銀行に預金をした際に付く金利も同様のものです。
しかし、銀行に預けた場合の金利はかなり低くなっていますが、銀行や消費者金融の場合にはかなり高めに設定されます。特に利便性の高いカードローンは、ローン商品の中ではもっとも高く設定されているもので、これは銀行であっても同様です。

金利は、年利で表現され一般的に信用力が低い人向けのサービスでは年利18%です。単純に言えば10万円を借りた場合で、1年後に一括返済した場合には18%の1万8千円の金利が発生することを意味します。ただし実際には月払いで返済していくことになりますので、その間は借りているお金が減っていくので、年12回払いとして年利18%であっても、10万円を借りた場合には1万円程度の金利の支払いになるものです。
一方でローン商品を利用するさいに重視されるのは収入の多さよりも収入の安定といわれます。特に無担保無保証人では担保も保証もありませんから、収入の安定性が重視されます。これは銀行にしても消費者金融にしても、返済期間が長いほど金利を得ることができるためです。このため収入が不安定な人は利用が難しいもので、主婦がお金を借りるのが難しい理由のひとつになります。

銀行のカードローンの注意点

銀行のカードローンといえば、以前は金利が低いものの審査が厳しいといったものでしたが、貸金業法の規制が強化されてからは多様化が進み、信用力が低い人向けのローン商品も提供するようになっています。このため銀行だからといって金利が必ずしも低いというわけではないので注意が必要です。

金利が低いカードローンの特徴としては、保証人に消費者金融や保証会社がなっており、銀行と分離されていることです。このような場合には金利は消費者金融並みに設定されていることも多く、貸出条件だけでみればほとんど変わりません。このため金利を少しでも抑えたいと思って銀行を選んでも、金利が変わらないこともあるので注意が必要です。
これらの商品は都市銀行のカードローンに多く見られますが、地方銀行でも登場しています。また銀行でもネット銀行の場合には、口座に融資するタイプのキャッシングサービスも提供するようになっており、お金が借りやすくなっています。

一方で金利が高くても銀行を選ぶメリットはあります。銀行であればATMの数が多いですし提携ATMも多くあるので利便性に優れます。また審査の際にも給与に関する情報があればスムーズに行ってくれます。
それに保証人が消費者金融や保証会社であっても貸出と返済の実績は銀行にも伝わるため、ちゃんと返済を行っていれば他のローン商品を利用する際に有利になります。
そして何よりも銀行を利用するメリットは貸金業法における総量規制の対象外であるため、専業主婦であっても利用することが可能なカードローンも存在することにあります。

貸金業法における総量規制とは?

カードローンやキャッシングなど利便性の高いローン商品を利用する際に覚えておきたいのが貸金業法の定める総量規制です。貸金業法そのものは1983年に施行された法律で貸金業者が登録制となり業界団体の設置などを求めたもので、適正化を進めるものでしたが、貸出内容に関して具体的な規制が設けられるようになったのは2016年からです。それまでの貸金業法では貸出に関する規制が緩やかでしたから、いわゆる過剰融資が発生することもあり問題となっていましたが、総量規制によってそれが法律によって規制されてるようになっています。

総量規制の内容は、カードローンなど利便性の高いローン商品を貸金業者が提供する場合には、利用者の年収に対して3分の1以内にすることです。このため主婦でも専業主婦など本人に収入がない場合には貸金業者はお金を貸し付けることができなくなっています。また1社で50万円、他社と合わせて100万円を超える貸付を行う場合には源泉徴収票など所得を証明する書類の提出が義務付けられており、この提出が出来なければお金を借りることができません。

基本的には過剰貸付を抑止するものですが、具体的に収入に関する規定が盛り込まれたことによって、専業主婦をはじめとしてまったく収入のない人は、貸金業者つまり消費者金融を利用することはできなくなっています。また貸金業法の総量規制の実施と同時に金利に関する法律も強化され以前の曖昧な表現が出来なくなり、適正化されており、これらの規制のおかげで一部の人はお金を借りにくくなっています。しかし反対に適正化されたことによって過剰貸付やグレーゾーン金利といったものは排除され、安心して利用することが可能です。

カードローンの金利はどれぐらい?

日本では金利を定めた法律は「出資法」と「利息制限法」の2種類があります。本来は利息制限法が適用されるべきものですが、お金を貸し付けるというのは一種の出資とも言えるものですから出資法を根拠としている場合があり、これがいわゆるグレーゾーン金利と呼ばれるものです。
金利に関する法律が整理される以前は、出資法の上限金利が年29.2%でしたが、利息制限法は100万円以上は年15%、10万円以上100万円未満は年18%、10万円以下は年20%と定められています。出資法そのものは問題があるたびに引き下げられており、貸金業法が施行された1983年の段階では年73%というものでした。
いずれにしても貸金業者、つまり消費者金融などは出資法を根拠に金利を設定しており、利息制限法よりも高い金利が設定されていたわけです。
しかし、このような法律の問題を是正するために2006年の法改正により出資法の上限は年20%と定められ2010年6月の施行を持って二重規制は解消されています。

このことから覚えておきたい事としては融資を受けた場合に発生する金利は出資法を根拠としても年20%が上限であることです。
もしこれ以上の金利を設定している業者は法令を違反していることになります。一方で無用なトラブルを避けるために銀行も消費者金融も金利設定には余裕をもたせており、たいていの場合には100万円以内の貸出となるので年18%以下に設定されています。
また稼ぐお金の額は限られていますから、融資限度額が高くなるほど金利は低くなる仕組みとなっており、100万円程度の融資枠になれば、金利は年15%以下で信用力が高い人であれば年10%以下になるケースも見られます。

主なカードローンの金利比較
事業者 種別 金利
三菱UFJ銀行カードローン 銀行カードローン 1.8% 〜 14.6%
オリックス銀行カードローン 銀行カードローン 1.7% 〜 17.8%
みずほ銀行カードローン 銀行カードローン 2.0% 〜 14.0%
三井住友銀行カードローン 銀行カードローン 4.0% 〜 14.5%
アコム 消費者金融 3.0% 〜 18.0%
プロミス 消費者金融 4.5% 〜 17.8%
アイフル 消費者金融 3.0% 〜 18.0%
SMBCモビット 消費者金融 3.0% 〜 18.0%

※上記の金利は記事執筆時点のものであり、予告なく変更になる場合があります。

主婦がカードローンを利用できる条件

主婦といっても共働き主婦と専業主婦がありますが、お金を借りる時に重要なのが収入の有無です。働いている場合には本人に収入がありますから主婦とは付くものの、申込みの時点では会社員やパート、アルバイトといった働いている職業として扱われます。一方で収入がない場合には無職として扱われます。

ローン商品の原則は、貸し付ける側としては、お金を貸しても必ず返してもらえることです。このため本人に収入がない場合には申し込んでも審査に通ることはありません。そもそも利用条件は消費者金融であっても「20歳以上」「安定した収入がある方」の2点をあげており、収入がなければ利用できません。反対に普通に働いている場合には、その職業や収入が審査の基準となり、その内容によって融資限度額が決まります。このため主婦であっても会社員で名のある会社に長年在籍し、また収入も安定して多い場合には、融資条件の良いローンを利用することが可能です。一方でパートやアルバイトの場合にはその収入に応じて利用できるローン商品が決まります。

では、無収入の専業主婦が利用できないのかと言えば、そうではありません。消費者金融の場合には総量規制によって収入がない人は利用できなくなっているため無理ですが、銀行は総量規制の対象外となっているので収入のない主婦でも利用できるものが存在します。この場合には配偶者の収入をあてにして融資を行うものです。ただし、実際に利用できる限度額は10万円以内と極めて少額に設定しているところが多く、その目的も生活費のつなぎ融資的なものになります。

主婦がカードローンを申し込むポイント

主婦でも働いている職業や収入によって条件が変わってきますが、もし収入が十分にあるのであれば銀行など条件の良いものでも審査に通る可能性があります。収入が少ないのであれば消費者金融がもっとも審査に通る可能性が高いものです。一方で収入がない場合に利用することは困難ですが、専業主婦対応の銀行のローン商品が選択肢になります。
またカードローン以外の選択肢としては、クレジットカードのキャッシングサービスがあります。配偶者がクレジットカードを持っていてキャッシングサービスを利用できているのであれば、家族カードを作ってもらえれば、そこからお金を借りるといったことが可能です。

話をカードローンに戻して、主婦が申し込むポイントとしては、収入があれば収入を得ている情報が審査で重要となります。このあたりは借りる前に十分な収入があり、そこから借り入れたお金を返済できるのかを考えることが大事です。またインターネットには借り入れシミュレーションというものもありますので、それらを利用して月々の返済額を確かめておくこともポイントです。また借入限度額は収入に対して余裕のあるものにすることが大事です。収入に対して限度額いっぱいまで設定すると審査に通るのは難しくなります。
審査に通るポイントは主婦に限らず、最初は必要とする最低限の金額に抑えて申し込み、審査に通って契約を結べば、その後は誠実に返済を行い利用実績を作ることです。利用実績は信用を高めることになりますから、業者側から信頼できる利用者であると判断されれば1年ほどで増額の誘いが来ます。増額によって金利も若干下がることがあり、有利にお金を借り入れることができるようになります。

この特集の関連カードローン

プロミス

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

おススメポイント
  1. Webなら即日融資も可能!簡単3ステップで、借入れが完了します!
  2. はじめてなら30日間無利息!
  3. 郵送物なし!カードレス!Web完結!!
実質年利 4.5%〜17.8% 借入限度額 500万円
審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
利用可能なコンビニ
  • サンクス
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
コメント

インターネットなら24時間365日受付で、いつでもお申込み可能です。(※1)
プロミスとはじめてご契約の方は、初回ご利用の翌日から30日間無利息です。(※2)
郵送物なし、カードレスで、お申込みからお借入れ・ご返済まで、全てWebで完結できます。(※3)

  • 1 審査回答までのお時間は、状況により異なります。お申込の時間帯やご利用の銀行によって、振込までの時間が異なる場合もあります。
  • 2 プロミスとはじめてご契約の方で、Eメールアドレスを登録いただき、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択いただいた方が対象です。無利息期間中にご返済日が到来した場合、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。この場合、ご入金いただいた金額は元金に充当されます。無利息期間中であっても、ご返済日が経過した場合、その他の事情によりサービスの提供を停止することがあります。
  • 3 Webでお申込みいただき口座振替によるご返済をご選択された方が対象です。

アイフル

お試し1秒診断!申込みから最短1時間でご融資可能!

おススメポイント
  1. 最短30分で審査完了、即日融資にも対応しています!急な出費やお急ぎの場合にも◎
  2. たったの3ステップで借入完了!インターネットなら24時間365日お申込み可能です
  3. はじめての方には最大30日間無利息!「30日間利息0円サービス」も利用可能です
実質年利 3.0%〜18.0% 借入限度額 800万円
審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
利用可能なコンビニ
  • サンクス
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
コメント

最短30分で審査完了。即日融資にも対応していただけます。(※1)
インターネットからお申し込み後、フリーダイヤルにお電話していただくことで審査にかかるお時間が短縮(受付時間9:00~21:00)。
ご利用限度額が50万円以下かつ他社を含めた借入総額が100万円以下の場合は原則収入証明書類不要。(※2)
アイフルのご利用が初めての方かつ無担保キャッシングローンをご利用の場合、最大30日間無利息となる「30日間利息0円サービス」も提供しています。(※3)

  • 1 お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。
  • 2 ご利用限度額が50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
  • 3 無担保キャッシングローンが対象です。その他の商品(事業サポートプラン・おまとめMAX・かりかえMAX)などは対象外となります。無利息期間終了の翌日から、貸付利率(実質年率)3.0%~18.0%となります。無利息期間中にご返済日が到来した場合、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。この場合、ご入金いただいた金額は元金に充当されます。ただし、各種手数料(ATM等手数料、カード、再発行手数料等)があった場合は、「各種手数料」「元金」の順に充当します。無利息期間中であっても、ご返済日が経過した場合、その他の事情によりサービスの提供を停止することがあります。

SMBCモビット

来店不要で簡単・安心!WEB申込で簡単申込!!

おススメポイント
  1. お急ぎでも大丈夫!来店不要で即日融資も可能!
  2. カードローンなのにカードレス!スマホATM取引開始!
  3. 2016年オリコン・ノンバンクカードローン顧客満足度No.1
実質年利 3.0%〜18.0% 借入限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査 融資時間 最短即日
利用可能なコンビニ
  • サンクス
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
コメント

10秒で簡易審査結果表示!少ない入力項目で、融資可能かどうかすぐに分かります。
最短30分で審査完了。(※1)
三井住友銀行または三菱UFJ銀行に預金口座をお待ちの方は、お申込みからご利用までネットのみで完結します。
来店不要で即日融資も可能です。(※2)
セブン銀行ATMならスマホだけで入出金が可能です!(※3)
銀行・コンビニなど全国の提携ATM約130,000台でご利用可能です。(※4)

  • 1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 2 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合も有。
  • 3 あらかじめモビットアプリのインストールが必要です。
  • 4 2017年6月現在。ご利用時間は各ATMの設置場所などにより異なります。

プロミスレディースキャッシング

レディースキャッシングは女性のためのキャッシングサービスです。

おススメポイント
  1. 安心の女性オペレーターによる対応
  2. 最短1時間融資も可能!
  3. はじめての人は、30日間利息0円!
実質年利 4.5%〜17.8% 借入限度額 500万円
審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
利用可能なコンビニ
  • サンクス
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
コメント

インターネットなら24時間365日受付で、いつでもお申込み可能です。(※1)
プロミスとはじめてご契約の方は、初回ご利用の翌日から30日間無利息です。(※2)
郵送物なし、カードレスで、お申込みからお借入れ・ご返済まで、全てWebで完結できます。(※3)

  • 1 審査回答までのお時間は、状況により異なります。お申込の時間帯やご利用の銀行によって、振込までの時間が異なる場合もあります。
  • 2 プロミスとはじめてご契約の方で、Eメールアドレスを登録いただき、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択いただいた方が対象です。無利息期間中にご返済日が到来した場合、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。この場合、ご入金いただいた金額は元金に充当されます。無利息期間中であっても、ご返済日が経過した場合、その他の事情によりサービスの提供を停止することがあります。
  • 3 Webでお申込みいただき口座振替によるご返済をご選択された方が対象です。

ビジネクスト

無担保・無保証で限度額1,000万円まで自由に借入可能!

おススメポイント
  1. 原則無担保・無保証で自由にお借り入れが可能(※1)
  2. ご融資限度額1,000万円(※2)
  3. お申込〜ご融資まで来店不要!お借入〜ご返済も来店不要!
実質年利 3.1〜18.0 借入限度額 1,000万円
審査時間 3日程度 融資時間 申込後3日程度
利用可能なコンビニ
  • サンクス
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
コメント

限度額の範囲内なら何度でもご利用いただける事業融資(事業資金の融資)は、ビジネクストのカードローン(事業者ローン)。
事業資金の範囲内であれば資金使途自由! 
2つの安心 保証料、年会費は無料。 
カード発行手数料についても一切不要です。 
決算内容だけの審査ではありません。 
事業規模や赤字・債務超過だけを取り上げてお断りすることはありません。

  • 1. ただし、法人の場合は代表者様に原則連帯保証をお願いします
  • 2. 新規時取引は上限500万円