キャッシングスクール

カードローンの借り換えで気をつけたい5つのポイント

当サイトにお寄せいただくご質問の中に、「毎月の返済が大変なので、カードローンを借り換えしようかと思っています。借り換えにオススメのカードローンはありますか?」というものが多数あります。
借り換えによって金利や返済総額が減るならば借り換えをした方がお得ということは直感的にわかりやすいと思いますが、借り換え先のカードローンの選択を誤ると、思わぬ落とし穴も…。

せっかくカードローンの借り換えをするなら、メリットのサービスを選びたいものですよね?
この特集では、カードローンの借り換えメリット・デメリットや、借り換えの際に気をつけたいポイント、カードローンの借り換えが実際にどの程度お得か?など、借り換えをお考えの方に役立つ情報をまとめてみました。

カードローン借り換えの理由

カードローンの借り換えを考える上で、まず「なぜ借り換えをしたいか?」を的確に把握することが重要です。
自分の目的に合っていない借り換え先からカードローンの借り換えをしてしまうと、しばらく借り換えがしづらくなるケースもありますので、しっかりと目的に合った借り換え先を選定し、借り換え後の不要なストレスや再度の借り換えなどの手間が発生しないよう気をつけましょう。
カードローンの借り換えを検討する理由と借り換え先の選定してよくあるものを以下にまとめました。

カードローン借り換えのよくある理由と借り換え先選定のポイント
よくある理由 借り換え先選定のポイント
現在の借入金利が高い 借り換えの検討理由として最も多いのがこちらです。
金利が下がれば毎月の利息は少なくなりますので、返済総額も少なくなる可能性が高く、多少の手間がかかっても金利の低いカードローンへの借り換えメリットは大きいです。
借り換え先の選定にあたっては、現在利用中のカードローンの金利を確認した上で、金利が低めに設定されている銀行系カードローンを中心に現在より低い金利のカードローンの中から、金利以外の要素も比較し、利便性が高いカードローンを選択しましょう。
限度額の設定が低い 総量規制の対象となっているカードローンを利用していると、設定された借入限度額の上限に達してしまうケースがあります。
総量規制とは、貸金業法によって定められている法律で、多重債務者の増加抑制のために年収の3分の1以上の貸付を禁止する制度です。
年収に依存するため、総量規制の限度額は個人によって異なりますが、年収があまり多くない方の場合は借入状況によってはすぐに上限額に達してしまうケースもあります。
この場合、総量規制の対象にならない銀行系カードローンを中心に、限度額が高く、金利が少しでも低いカードローンを選択しましょう。
返済が手間 複数のカードローンを利用していると、月に何度も返済日が訪れたり、各返済日毎の返済額を管理したりと、何かと煩わしいことが多いです。
毎月の返済日が一回にまとまることで、返済額の管理もしやすくなり、気持ちの面でも余裕が生まれますので、この場合も借り換えのメリットは大きいと言えます。
この場合、借り換え先の返済自体が面倒で無いかどうかをよく比較し、ATMの手数料や提携ATMの数などもよく比較した上で、金利が少しでも低いカードローンを選択しましょう。
毎月の返済が辛い 毎月の返済額のことを「約定返済額」といいますが、約定返済額は利用するカードローンや借入残高によっても異なり、1,000円から利用できるカードローンもあれば、10,000円からしか利用できないカードローンもあります。
毎月の返済負担を減らしたい場合は、借り換え先の約定返済額がいくらになるのかを調べた上で申込をする必要があります。
約定返済額はWebサイト上でシミュレーションできるカードローンもありますので、よく調べた上で借り換え前には貸付条件詳細を確認して申込するようにしましょう。

カードローン借り換えのメリットとデメリット

「カードローンの借り換えを行うと支払いも一本化されて利息も少なくなり、メリットしかない」と考える方が非常に多いのですが、実はここに大きな落とし穴があります。
もちろん、何がメリット・デメリットかという点では上の章でもご紹介した通り、利用する個々によって異なるため一概に言えませんが、ここではよくあるメリット・デメリットを比較していきたいと思います。

カードローン借り換えのメリットとデメリット
メリット デメリット
現在よりも金利が下がる 借り換え先によっては金利が上がる可能性もある
毎月の返済を一本化できる 返済の手間が増える場合もある
毎月の返済額が減る 返済期間が延びる場合もある

まず金利面でのメリットですが、現在利用しているカードローンよりも金利が低いカードローンで借り換えをすれば、借り換えることで金利は下がります。
余程のことが無ければ借り換え先の選定は、現在利用中のカードローンよりも金利が低いカードローンを選ぶことが前提になります。
しかし、上限金利や下限金利だけを見て借り換え先を選定し、実際に申し込んだ後に適用された金利が現在よりも高くなってしまった、という話はよく耳にします。
適用される金利は限度額によっても異なるので、この点も事前に良く確認しておきたいところです。

次に返済の手間に関するメリットですが、複数社から借入をしていて毎月異なる日に返済日が訪れる方は、借り換えによる一本化で返済の手間は少なくなると考えがちです。
しかし、今までは近くのコンビニATMで返済ができたものができなくなってしまったり、ATM手数料が有料だったりと、借り換え先のカードローンによっては月1回の返済自体が非常に手間になってしまうケースもあります。
返済が長期に渡る場合には、この月1回の返済が長い期間で非常に大きな時間や労力のコストとなってしまうケースも想定されますので、必ず返済方法を確認し、現在利用中のカードローンと比較してみることも重要です。

そして最も気をつけていただきたいのが、金利も下がり、毎月の返済額も減らすことができた場合に陥りやすい、「返済期間の延長」です。
せっかく借り換えによって金利が低下しても、返済期間が長くなることで、結果的に返済総額が増えてしまうことが多々あるからです。
一見メリットに見えても、実は総額で多く支払わなければならないとなると何のための借り換えなのかわかりません。
もちろん、毎月の返済額を少なくすることが第一の目的の方は、それでも構わないという場合もあるかもしれませんが、現在の借入先の返済総額の合計と、借り換えを行った場合の返済総額を比較し、返済総額が増える場合にはそれを補うだけのメリットがあるかどうかをよく検討してみることをお勧めします。

借り換えによる返済シミュレーション

それでは、実際に借り換えによる返済総額のシミュレーションを見てみましょう。
ここでは借り換えによって返済額のメリットがあるケースとそうでないケースをわかりやすくするために、各カードローンの借入額や返済回数などを単純化しています。
実際の返済総額などは利用中のカードローンや借入総額によっても異なりますので、あくまで参考として実際の借り換えに際しては、ご自身の借入状況に応じたシミュレーションを行ってみてください。

現在の借入状況(例)

比較をしやすくするために、以下の借入状況を想定してみます。

A社 B社 C社
適用金利 18% 17.8% 15%
借入額 50万円 50万円 50万円
返済回数 45回 45回 45回
最低返済額 15,359円 15,308円 15,000円
返済総額 691,183円 688,869円 650,627円
利息総額 191,183円 188,869円 150,627円

このモデルケースにおける3社合計の返済額は以下のようになります。

返済回数 毎月返済額 返済総額 利息総額
45回 45,667円 2,030,679円 530,679円

比較ケース1:借り換え先の金利が12.5%/返済期間を変更しない場合

返済回数 毎月返済額 返済総額 利息総額
45回 41,924円 1,886,587円 386,587円

このケースでは、単純に金利が下がったことによるメリットを享受できます。
借り換え前との毎月の返済額の差は-3,740円、全期間での返済総額の差額は144,092円となります。
毎月の返済額はそう変わらないようにも感じますが、完済までの長期間で考えると大きな差になります。
このようなシミュレーションが可能な方は積極的に借り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

比較ケース2:借り換え先の金利が12.5%/返済期間を72ヶ月にした場合

返済回数 毎月返済額 返済総額 利息総額
72回 29,717円 2,139,607円 639,607円

このケースでは、返済総額・利息総額ともに増加しますので、借り換えによる返済総額でのメリットはありません。
しかし、毎月の返済額は-15,950円となりますので、現在のカードローンの毎月の返済額が高くて困っている場合や、再度の借入をしてしまって結局借入総額がなかなか減らないなどの事情がある場合には、借り換えを検討してみるのはいかがでしょうか?
ただし、シミュレーションはあくまで総額150万円の借り換えが可能な場合になりますので、審査が通るかどうかも含めてサービスをよく検討する必要があります。

比較ケース3:借り換え先の金利が12.5%/毎月返済額を5万円にした場合

返済回数 毎月返済額 返済総額 利息総額
37回 50,000円 1,807,888円 307,888円

実際にカードローンの借り換えを検討される場合でこのケースは稀かもしれませんが、毎月の返済額を増やした場合のシミュレーションです。
昇給などによって毎月の収入に少しゆとりができた場合などは、毎月の返済額を少し増やすことで、返済期間を短縮することもできますし、更に金利が下がるとなれば、そのメリットは大きいです。
借り換え前と比較すると、総額では-222,791円も減らすことができます。

借り換え専用ローンの特徴

先にもご紹介した通り、消費者金融のカードローン商品は、貸金業法で定める総量規制により年収の3分の1以上の貸付禁止という規定が存在します。
しかし、これには例外があり会社によって呼称は異なりますが、「借り換え専用ローン」「おまとめローン」などの名前で呼ばれています。
これは一般的なカードローンとは異なり、返済メインの商品になりますので法律的にも例外として認められており、一本化によって借入額が年収の3分の1を越える場合であっても、審査結果次第では借入することができるのです。
ただし、この借り換え専用ローンには知っておくべき特徴がいくつかありますので、よく商品性を理解した上でご利用を検討してください。

資金使途が限られる

借り換え専用ローンの目的はあくまで借り換えのみとなりますので、返済資金のみの貸付となり、一度借り換えを行なった後追加の借入れをすることはできません。
従って、借り換えによる返済計画も毎月ギリギリの金額を設定するのではなく、毎月の返済をしても追加の借入をせずに済むよう余裕を持った返済計画を立てることを忘れないでください。
「これ以上追加の借入をしなくてもやりくりできる」という目処が立っていない状態で利用してしまうと、逆に借り換えによって苦境に陥ってしまったり、新たな借入先を探すなどの悪循環になってしまうケースも少なくありません。

借入限度額が限られる

借り換え専用ローンの限度額は、借換え対象となるローン残高の範囲内に限られます。
「少し余裕を持って多めに借りておこう」などの利用はできないので、借入残高が月によっては増えてしまうことがあるような方には向いていません。
同じ会社で比較すると借入上限額も一般的なカードローン(または無担保ローン)よりも低めに設定されていることが多いので、複数の借入を一本化したい場合には合計の借入残高が借り換え先の上限額を超えていないかどうか確認する必要があります。
また、自社のローンの借り換えは対象外になっているケースもありますので、検討する際には商品説明書をよく読んで、必ず一度はシミュレーションしてみることをおすすめします。

金利は低めに設定されている

借り換えローンは銀行でも積極的に扱っており、借り換えによる一本化と返済負担の軽減が目的であることからも金利は比較的低めに設定されていることが多いです。
ただし、金利だけに目を奪われると、上述した返済期間や返済回数の設定によって結果的に多くの返済が必要になる場合もありますので、毎月の返済に無理がなく、借り換えによるメリットがどの程度の金額になるのかも比較検討してみてください。

返済期間が長めに設定されている

毎月の返済額を減らしたいというニーズに適応するよう、借り換え専用ローンは返済期間が長めに設定されていることが多いです。
このため、返済計画の見直しをしたい場合には使い勝手が良いのですが、金利と返済期間によっては返済総額が増えてしまうこともあります。
繰り返しになりますが、借り換えによるメリットとデメリットをよく分析し、無理の無い返済計画を立てた上で申し込みをするようにしてください。

借り換えに適さない「借り換えローン」

ここまで見てきた中で、自身が借り換えをすべきかどうか?については大まかにわかってきたのではないかと思います。
最後に借り換え前に確認したい、借り換え専用ローン商品ごとの特徴をご紹介します。
以下に紹介する借り換え専用ローンの場合、利用する方によってはデメリットとなることもありますので、最終的に借り換え申し込みを決定する前に確認してみてください。

繰上げ返済ができない借り換え専用ローン

繰上げ返済に対応していない借り換え専用ローンを利用した場合、毎月の返済額は一本化によって固定できますが、ボーナスなどで少しまとまったお金が用意できたとしても一括返済することができません。
また一括返済までいかなくとも、繰り上げ返済によって元本を減らすことができないことのデメリットは大きいものです。
繰上げ返済によるメリットは、「カードローン返済は繰り上げたほうが楽になる」でも紹介していますので、参考にしてみてください。
繰上げ返済をしたくなった時に、また新たに借り換え先を探すとなると非常に手間になりますので、是非ここは事前に確認するようにしてください。

金利のメリットが無い(または少ない)借り換え専用ローン

借り換え前の金利と借り換え後の金利の比較は、借り換え先の選定において非常に重要な要素です。
ここで重要になるのは、商品説明書に記載されている下限の金利の話ではなく、実際に借り換えた時に適用される金利のことです。
銀行系の借り換え専用ローンなどで複数のコースが用意されている場合でよくあるのが、「上位コースで審査が通れば金利メリットが非常に大きいけれど、審査に落ちて通常コースであれば現在の借入金利とあまり変わらない」というパターンです。
先にも見てきた通り、金利の低下による借り換えメリットは単純比較すると非常に大きなものになりますので、せっかく借り換えを申し込むのであれば、金利には是非こだわりたいものです。
検討している借り換え専用ローンの金利が、借り換え前の金利よりも高いか同じくらいなのであれば、一度冷静になって他の借り換えローンを探してみることをお勧めします。

借り換え融資までに時間がかかる

借り換えローンは一般的なカードローンよりも審査が厳しいケースが多く、中には申込みから融資までに数週間程度の時間が必要になる場合もあります。
また借り換え専用ローンは提出する書類も多く、申し込みにかかる手間も一般的なカードローンよりも多いため、「A社の審査に落ちたから次はB社に…」などの手続きを踏んでいるうちに気づけば数ヶ月厳しい返済を続けていた、というケースもあります。
こうなると申し込みに必要な手続きと審査期間も無視できる内容ではありませんので、こちらも申し込み前によく確認しましょう。
関連記事:【検証】借り換え目的で即日融資は可能?

いかがだったでしょうか?借り換えローンと一言で言っても、利用に際して検討すべき内容は意外に多く、かならずしもメリットばかりではありません。
前提として借り換えをしてもしなくても、総額を返済しなければならないことには変わりませんので、じっくりと比較検討した上で後悔しない借り換え先を選定してください。

この特集の関連カードローン

プロミス

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

おススメポイント
  1. Webなら即日融資も可能!簡単3ステップで、借入れが完了します!
  2. はじめてなら30日間無利息!
  3. 郵送物なし!カードレス!Web完結!!
実質年利 4.5%〜17.8% 借入限度額 500万円
審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
利用可能なコンビニ
  • サンクス
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
コメント

インターネットなら24時間365日受付で、いつでもお申込み可能です。(※1)
プロミスとはじめてご契約の方は、初回ご利用の翌日から30日間無利息です。(※2)
郵送物なし、カードレスで、お申込みからお借入れ・ご返済まで、全てWebで完結できます。(※3)

  • 1 審査回答までのお時間は、状況により異なります。お申込の時間帯やご利用の銀行によって、振込までの時間が異なる場合もあります。
  • 2 プロミスとはじめてご契約の方で、Eメールアドレスを登録いただき、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択いただいた方が対象です。無利息期間中にご返済日が到来した場合、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。この場合、ご入金いただいた金額は元金に充当されます。無利息期間中であっても、ご返済日が経過した場合、その他の事情によりサービスの提供を停止することがあります。
  • 3 Webでお申込みいただき口座振替によるご返済をご選択された方が対象です。

アイフル

お試し1秒診断!申込みから最短1時間でご融資可能!

おススメポイント
  1. 最短30分で審査完了、即日融資にも対応しています!急な出費やお急ぎの場合にも◎
  2. たったの3ステップで借入完了!インターネットなら24時間365日お申込み可能です
  3. はじめての方には最大30日間無利息!「30日間利息0円サービス」も利用可能です
実質年利 3.0%〜18.0% 借入限度額 800万円
審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
利用可能なコンビニ
  • サンクス
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
コメント

最短30分で審査完了。即日融資にも対応していただけます。(※1)
インターネットからお申し込み後、フリーダイヤルにお電話していただくことで審査にかかるお時間が短縮(受付時間9:00~21:00)。
ご利用限度額が50万円以下かつ他社を含めた借入総額が100万円以下の場合は原則収入証明書類不要。(※2)
アイフルのご利用が初めての方かつ無担保キャッシングローンをご利用の場合、最大30日間無利息となる「30日間利息0円サービス」も提供しています。(※3)

  • 1 お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。
  • 2 ご利用限度額が50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要
  • 3 無担保キャッシングローンが対象です。その他の商品(事業サポートプラン・おまとめMAX・かりかえMAX)などは対象外となります。無利息期間終了の翌日から、貸付利率(実質年率)3.0%~18.0%となります。無利息期間中にご返済日が到来した場合、残高に応じた返済額のご入金が必要となります。この場合、ご入金いただいた金額は元金に充当されます。ただし、各種手数料(ATM等手数料、カード、再発行手数料等)があった場合は、「各種手数料」「元金」の順に充当します。無利息期間中であっても、ご返済日が経過した場合、その他の事情によりサービスの提供を停止することがあります。

SMBCモビット

来店不要で簡単・安心!WEB申込で簡単申込!!

おススメポイント
  1. お急ぎでも大丈夫!来店不要で即日融資も可能!
  2. カードローンなのにカードレス!スマホATM取引開始!
  3. 2016年オリコン・ノンバンクカードローン顧客満足度No.1
実質年利 3.0%〜18.0% 借入限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査 融資時間 最短即日
利用可能なコンビニ
  • サンクス
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
コメント

10秒で簡易審査結果表示!少ない入力項目で、融資可能かどうかすぐに分かります。
最短30分で審査完了。(※1)
三井住友銀行または三菱UFJ銀行に預金口座をお待ちの方は、お申込みからご利用までネットのみで完結します。
来店不要で即日融資も可能です。(※2)
セブン銀行ATMならスマホだけで入出金が可能です!(※3)
銀行・コンビニなど全国の提携ATM約140,000台でご利用可能です。(※4)

  • 1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 2 全銀システム稼働時間拡大に伴い、SMBCモビットは2018年10月15日より原則24時間最短3分でお振込可能となりました。
  • 3 あらかじめモビットアプリのインストールが必要です。
  • 4 2019年9月現在。ご利用時間は各ATMの設置場所などにより異なります。

ビジネクスト

無担保・無保証で限度額1,000万円まで自由に借入可能!

おススメポイント
  1. 原則無担保・無保証で自由にお借り入れが可能(※1)
  2. ご融資限度額1,000万円(※2)
  3. お申込〜ご融資まで来店不要!お借入〜ご返済も来店不要!
実質年利 3.1〜18.0 借入限度額 1,000万円
審査時間 3日程度 融資時間 申込後3日程度
利用可能なコンビニ
  • サンクス
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
コメント

限度額の範囲内なら何度でもご利用いただける事業融資(事業資金の融資)は、ビジネクストのカードローン(事業者ローン)。
事業資金の範囲内であれば資金使途自由! 
2つの安心 保証料、年会費は無料。 
カード発行手数料についても一切不要です。 
決算内容だけの審査ではありません。 
事業規模や赤字・債務超過だけを取り上げてお断りすることはありません。

  • 1. ただし、法人の場合は代表者様に原則連帯保証をお願いします
  • 2. 新規時取引は上限500万円