キャッシングスクール

カードローンの残高って何?どうやって確認するのか

カードローンの残高って何?どうやって確認するのか

カードローンを使うと、「ご利用残高」という言葉が目に入ります。銀行口座の残高であれば、どれだけお金が残っているのかという意味だと分かりますが、カードローンにおける残高とは一体どういう意味なのでしょうか。そして、どこでそれを確認すればよいのでしょうか。詳しく説明していきたいと思います。

ご利用残高の意味

カードローンにおけるご利用残高とは、カードローンで借り入れした金額から、すでに返済済みの金額を差し引いたものを言います。例えば、50万円の借り入れをし、すでに20万円を返済している場合、ご利用残高は30万円となるのです。利用残高という言葉は、カードローン以外でも使われます。例えば、クレジットカードのリボ払いや、他のローンでも同様に使われますので、覚えておくとよいでしょう。
ただし、クレジットカードにおいては、リボ払い以外で「ご利用可能残高」という言葉が使われます。似た言葉ではありますが、こちらはクレジットカードで利用できる、残り金額のことをいいます。クレジットカードの上限が100万円の人が、すでに30万円使っているとします。その場合、残りは70万円しか使えませんよ、という意味になりますので、この二つの意味の違いは把握しておいてください。

利用残高を確認することにより、あとどれぐらいの返済があるのか確認することができます。そこから返済計画を立てたり、また新たにどれぐらい借り入れできるのかを判断できるものとなります。

ご利用残高の確認方法

では、今自分のご利用残高が知りたいと思った時は、どのようにして調べればよいのでしょうか。これは利用するカードローンの会社によって異なりますが、大まかに分けて三つの方法があります。
まず一つ目が電話です。ローン会社のサポートセンターでは、電話で問い合わせすれば、自身の利用残高を教えてくれます。注意しなければいけないのは、電話で本人確認を取ること、そして基本的には契約者以外には開示してくれないことです。本人確認には、契約者本人かどうか照会する意味で、個人情報を確認されますので、契約書等を準備しておくとよいでしょう。
次に、店頭での確認です。こちらは、店頭に来店し担当者に直接教えてもらう方法です。来店時には、本人確認書類と、カードローン用のカードがあれば大丈夫です。ただ、営業時間などもありますので、あまりお薦めはしません。
いつでもどこでも確認できるという意味では、WEBでの確認をお薦めいたします。ローン会社は、ホームページ上、あるいはアプリにて会員専用ページを設けております。そこにログインするだけで、すぐにご利用残高は確認できます。しかも無料で利用できますので、登録しておくと便利です。
最後に、ATMでの確認方法です。カードローンは借り入れや返済をATMで行うことが多いのですが、利用後には、必ず利用明細が出されます。そこで残りのご利用残高が表記されておりますので、明細は取っておきましょう。もし借り入れや返済をする時ではなくても、ATM上で「利用残高照会」を押すだけで、現時点での残高を教えてくれます。WEBと同様に非常に便利なので、覚えておくとよいでしょう。

残高がマイナスになるのはどんな時

カードローンを利用する上で注意しなければならないのが、残高がマイナスになってしまう時です。預金口座などであれば、残高以上のお金が引き落としされることがないので、マイナス表記になることはありません。でもカードローンでは、マイナス表記が存在しております。これはいったい何なのでしょうか。
実は、マイナスになっているということは、マイナス分の借金をしているということになります。ただ、本来であれば、残高以上のお金を借りているということは考えにくいです。にも関わらず、マイナス表記になる原因は主に二つ考えられます。

まず一つは、「カードローン貸付」によって、自動的にカードローンから融資されたというケースです。例えば、預金口座から何かしらの引き落としがされた際に、残高が不足していた場合、カードローンがその分を自動的に補填してくれる機能があります。それがカードローン貸付となります。自身に覚えのない時に行われ、マイナス表記に繋がってしまった、ということが多々あるようです。
もう一つが「定期預金担保貸付」です。これは定期預金を担保として、融資を受けることができるサービスです。こちらも先ほどと同様に、総合口座とセットでついているケースがあり、引き落としなどで残高不足になった時に、定期預金を担保にして、自動融資が行われます。そうすると、残高はマイナス表記になりますので、覚えておきましょう。

カードローンの残高が減らないのは

毎月毎月しっかりと返済しているにも関わらず、カードローンのご利用残高が減っていかないことがあります。この理由は何なのでしょうか。
考えられるのは、利息分しか返済されていないこと、そして返済後にまた融資を受けていることです。特に小額ずつしか返済していない人は、利息分だけを返済し続けており、元金の返済まで届いていないことがあります。借入残高がある限り、利息はどんどん発生し続けますので、しっかりと返済シミュレーションを立てましょう。
そして融資を受ける際は、返済状況を見ながらバランスよく行ってください。でなければ、いつまでも返済をし続ける羽目になってしまいます。

カードローンのご利用残高は、ゼロであれば何も借入していないとき、そして残高がある時は、借入した金額の返済がまだ残っていることになります。そこさえ把握しておけば、自身の利用状況が確認できますので、こまめにチェックするとよいでしょう。

人気のカードローンから探す

  1. 三井住友銀行カードローン

    借りるなら銀行カードローン

    借りるなら銀行カードローン

    おススメポイント!
    • 対応が早い。審査は最短翌営業日※本人確認書類提出後
    • 金利年4.0%~14.5% ※即日融資は対応しておりません。
    もっと詳しく
  2. バンクイック

    金利年1.8%から

    金利年1.8%から

    おススメポイント!
    • 提携ATM利用手数料無料
    • パート、アルバイトの方も申込みOK (原則安定した収入のある方)
    もっと詳しく
  3. アイフル

    最短1時間融資も可能!!

    最短1時間融資も可能!!

    おススメポイント!
    • 審査時間最短30分!
    • 融資時間1時間!
    もっと詳しく
人気総合ランキング一覧

関連記事

関連する特集から探す
カテゴリーで探す
特徴で探す